メルマガ登録 無料小冊子

お知らせ

news

第11回目ラジオ

2022.12.30 お知らせ

相葉さん:(以下:相):はい!今日も始まりました

            面白くてタメになる!!くまトレ

            起業家プロデューサー相葉光輝の

            ”笑う”、”泣く”、”教える”!人生を楽しめる1分の学びと29分の楽談です。

 

相:改めましてハチミツのみんな、くまこと起業家プロデューサー相葉光輝です。

  ハチミツっていうのはクマトレリスナーのファンの呼称です。

  中居くんは中居ズラとかオードリーだったらリトルトゥースって

  呼称があるのでクマトレはハチミツと呼んでいきますのでよろしくお願いします。

 

相:今日は最近気になることについて話していきたいと思います。

  気になること、それは納税についてです。

  皆さんどうですか?

  ハチミツたちは納税してますかね?

  おかげさまで僕自身、起業して10年以上業績が上がっているのですが

  この間中間納税を払ってください、6月末でね、

  中間納税を払ってくださいと言う通達が来ました。

 

  会社も個人事業主も昨年払った税金の半分を中間納税という形で6月末までに

  払わないといけない仕組みになっています。

  

  この額が実は結構な額だったので、改めて税金について考えてみるという機会がありました。

  税金というのは誰でも納めている国民の義務ではあるのですが

  税金を納めている側は会社や個人の収入によって変わってきます。

  なので日本は税金が高いと思われる方もいると思いますし、

  富裕層の方は富裕層からたくさん税金を取ろうという仕組みになっていますので

  ハチミツたちの皆さんの中にはきっと税金を払いたくないなと思ったり

  せっかく稼いだのになんで持っていかれるんだよ!という感情になったり、

  そして一生懸命節税をしようという思考になったり、いろんなことを考えたくなると思います。

 

  実は僕も企業駆け出しの頃は所得がそんなに多くなかったので

  なんとか節税できないかということを考えていました。

  

  その時に節税、節税というのは良いんですけども

  お金持ちの方や既にたくさん納税をされている方や成果を上げている人、

  あと偉人の人とかは一体税金に対してどういうふうに考えているのかというのを少し調べてみました。

 

  そしたらある法則があることに気付きました。

  それは節税などの何か抑えることに意識がいく人は

  お金がそれ以上に増えないということに気付いたんです。

 

  税金は払う物だと考えてどんどん攻めて売上を生み出していこうと考える人は

  その後に会社を大きくしたり事業がうまくいったりとか

  大きな仕事を成し遂げたり有名な会社になったりということをしていると分かったんです。

 

  もちろん税金についての考え方というのは賛否両論ありますし

  お金持ちの方でも節税をたくさんやっているという方もたくさんいます。

 

  だけどここで重要なのは自分の強みに時間を使っていくという方がいいということです。

  僕自身は節税に時間を費やすのであれば

  売上を上げる作戦に時間を使ったほうがお金持ちになれると思ったんです。

 

  最低限お金を守るということに対してできればいいということと

  それができないのであれば税理士さんに任せておけば余計な神経を使う必要がなくなります。

 

  これだけ納めなきゃとか、抑えなきゃとかですね。

  抑えようとすると売り上げも抑えてしまうので

  そう考えるのであれば売り上げてから考えようというふうに思ったんですね。

 

  だけどもちろん政治家や官僚の不正とかお金に関するニュースを見ると

  税金ってちゃんと使われているのかなというふうに思うかもしれませんが

 

  一方で日本は病院とか医療施設が安かったり、学校が安くいけたりとか、

  警察がいてくれて治安が良かったりだとか救急車もすぐ来てくれたりします。

 

  そんな生きることに対してストレスがかからない国というのは

  僕は税金を払う価値はあるんじゃないかなと思います。

 

  そんな偉そうなたくさん納めているわけではないのですが、

  少しね、日本でやっていることというのは意味があることなんじゃないかなと思います。

 

  なのでもし税金は払いたくないよと思っても、無理に節税しようと考えるよりも

  さらに売上を上げていこうとかわからないことは税理士さんに任せて聞くとか

  そういう時間というものを有効有益に使ってやっていった方がいいんじゃないかなと思います。

 

  あとは経費を有効に使って売上を上げるという方法もありますので

  そういうことをしてお金を投資していく、時間とか価値に投資してみてはいかがでしょうと思っております。

 

  日本はさらに融資制度ができたり起業家ベンチャーに寛容な仕組みがたくさんできています。

 

  ですのでせっかく起業するのであれば国の恩恵をたくさん受けて

  稼いで国に還元していったらいいかなと思います。

 

  ちなみに節税対策で僕の友人とかもドバイに行ったりとかシンガポールに行く人も多いんですけども

  そこに関してはその人たちを責めるのではなくて

  日本の仕組みというものをしっかりしてほしいなと思います。

 

  結局経済を支える人が海外に行ってしまったら後で苦しむのは日本になってしまうので

  税金をどうやって搾り取ろうかと考えるよりも日本で起業するメリットいうものを

  増やしてほしいなと僕自身は思っております。なので節税はもちろん大事なのですがそれよりも

  経費を有効に使って売上を上げるということを考えてみてください。

 

相:ということで次のコーナーに入りたいと思います!

ーーーーーーーーーーー

くまと仲間たちの挑戦

ー「人生は君が想うより楽しんでいいんだよ」

アントレランドの教え子や招待するヒーローたちの

インタビュー形式で魅せるマイプロデュースデザインーーー

ーーーーーーーーーーー

 

相:このコーナーでは、私の教え子さんを呼んでインタビュー形式で未来を語り合うコーナーです!

  ではゲストは引き続き、株式会社 美遊人 代表取締役であり、 

  欲張り酵素美人®︎の創始者そして、よくばり元気玉®︎開発者でもある田邊美和さんです!

  田邊さんは36歳以上の、もしかして?更年期世代の方に独自の食リズムメソッドを開発し

  腸活ごはん「よくばり元気玉」を軸に大人の食事トレーニングスクールを運営しています。

 

 

相:そしてもう一人、天然酵母パンLab代表岡本まどかさんです。

  岡本さんは5種類のパンを覚えるだけでたった3ヶ月で

  人気のパン教室やパンの独自販売ができる「天然酵母パンLab」

  というオンラインで学べるパン教室を主宰しています。

  

  約2年間で北海道から沖縄まで100名以上のオンラインパン教室の先生を育て

  全国にオンラインパン教室を広めた実績の持ち主です。

  女性が自宅にいながら働ける仕組みづくりに力をいれています。

 

相:そして3人目、3ヶ月で自慢の天然酵母パンが焼ける様になる天然酵母パンLab 木下明美さんです。

  木下さんは自分のオリジナルレシピを作る「レシピを読む力」をつけ

  パン作りが自信になり周りの人を感動させるだけでなくお仕事としてもスキルを活かすことができます。

  家族の時間を大切にしながら経済的に働きたい方に向けたパン教室を開催しております。!

 

 

相:3人はですね、過去2回、先週、先々週とインタビューしてきましたが、今回が最終回になります。

  改めまして田邊さん、岡本さん、木下さんよろしくお願いします!

 

3人:よろしくお願いします!

 

相:前回の放送を聞いている方はわかると思いますが、

  3人とも0から起業して、どうやって0から月商7桁というものを作ってきたのか

  というそんな軌跡を話していただきました。

 

  その続きを話していきたいと思いますけれども実際その中で

  やりたいことを形にしてきたわけですがやりたいことを形にするには

  どうしたらいいのかというのを改めて3人に聞いていきたいと思います。

 

 田邊さん、やりたいことを形にするにはどうしたらいいのか?

 

田:はい。実現させる道筋を描けることだと思います。

  ぶっ飛んだ未来を描いても絵に描いた餅ではその未来を手に入れることは難しいですよね。

 

  だからその未来を手に入れるためにどうやったらそこに到達するのか

  まずは自分で考えてみて私だったら相葉さんに相談しながら段取りを描き切るということをやります。

 

相:はい、ありがとうございます。

  実現させる道筋を描き切るってね。

  なかなか描いてそのまま放っておく人が多いんですけども描き切る。

 

  わからなければ師匠とか誰か相談できる人に聞いてみるというのも方法の1つなんじゃないかという話でした。

  ありがとうございます!岡本さんはどうですか?

 

岡:はい。私も先になりたい未来を決めることだと思います。

  決めているだけではなくて周りの人に宣言することによって自分の行動も変わるし

  周りの人からも宣言したことによって助けてもらえるとかいい情報がもらえるとか、

  そういうことが今まで経験上ありましたので、やっぱり決めてそれを周りの人に言って決めていくということが

  大事だと思っています。

 

相:なるほど。決めたことを伝えていくっていいですよね。

  ありがとうございます。木下さんはどうですか?

 

木:私も同じような感じなのですが、やりたいことを形にするにはまずは決めること!

  そして行動することだと思います。私もオンライン化するのにすごく勇気が入りましたが

  やはり岡本先生のようになりたいと思った時になりたい方の近くにいることが

  最短の近道なんじゃないかと思っています。

 

相:なるほど。なりたい人がやっていることや近くにいることを参考にする。

  そしてオンラインという挑戦したことがなかったことに挑戦することでモデリング先を見つけるというね。

  参考になったと思います。ありがとうございます!

 

  そんな3人が今、お金と時間というところもでき始めているわけですけども

  これから時間やお金をどう使っていきたいのかというのを聞いていきたいと思います。

  田邊さんどうですか?これから時間とお金をどう使っていきたいと思っているのか?

 

田:はい。私は前に相葉さんがおっしゃっていたことだと思うのですが、

  私は人にお金と時間を投資したいなというふうに思っています。

 

  どういうことかというと例えば私一緒に腸活ご飯を広める門下生が全国にいらっしゃるのですが

   やっぱり会いにいくために時間とお金を使う、オンライン上でもコミュニケーションは

  日頃から取っているのですがやっぱりリアルでお会いすると温度差が全然違いますので

  未来を共に目指す大切な仲間との絆を深めていくためにも人に時間とお金を投資したいと思っています。

 

相:なるほど。人に使っていくっていいですね。

  ありがとうございます。岡本さんはどうですか?

 

岡:私は研究に使っていきたいと思っています。

  今私はいろんなところに旅行に行きたいというのがあって色々な旅先で

  その土地土地のパンを食べたりとかパン屋さんに行ったりして

  東京にいては味わえないことを色々な場所に行って研究に使いたいなと思っています。

 

相:なるほど。研究に使うと。研究に使うってただ学ぶだけじゃなくて旅行とかしながら

  そのご当地のパンを楽しみながら食べる、これも研究ですもんね。

  素敵だなと思います。ありがとうございます。木下さんはどうですか?

 

木:私は働く場所というのを作りたいと思っています。

  皆さんがまだまだ飛び込めない世界の中に飛び込んでいただく第一歩として、

  アントレランドのモデリングみたいな形にはなるのですがハイブリッドで

  トレーニングというのをやっているのですがハイブリッドで

  オンラインレッスンとリアルレッスンを融合させるような自分の拠点として活動していけたらなと思います。

 

相:なるほど。ありがとうございます。3人とも聞いてて共通するのは

  自分の事というよりも自分が教えて誰かのために何かをしたいという思いが強いので

  自分1人で迷っていたら3人の誰かに相談するとか、誰かのために何かをしたいという人の

  力を借りるというのもありなのかなと感じました。ありがとうございます。

 

  それに関連するかもしれないのですがこれから3人はどんな人になっていきたいのか?

  などもあれば聞きたいと思うますけども、どんな人になりたいかなど田邊さんありますか?

 

田:はい。そうですね。私は自分の夢を語り、それを実現する大人になりたいです。

  夢って人に語ってそれを目指せば仲間ができ、やっぱり1人ではできないことも

  成功するルートに乗ればできることを証明できる夢を実現する人に

  感動を与える起業家を目指していきたいと思います。

 

相:なるほど。ありがとうございます。

  岡本さんはどうですか?

 

岡:私は経済的、精神的に自立した女性を目指しています。

  なぜならば昔の私がそういうふうに思っていたからです。

  なかなか自分の好きなことで経済的自立とか精神的に自立というのは難しいのですが

  好きなことで、私の場合はパンになるのですがパンを通して

  経済的にも精神的にも自立する女性を増やしていきたいと思っています。

 

相:はい。ありがとうございます。

  木下さんはどうですか?

 

木:私は働く場所のない方が多い中で、これをオンライン化するということを特化して

  それを広めるような動きをしていきたいと思っています。

 

相:なるほど。オンラインを広めていくということですね。

  面白いですね。ありがとうございます。

 

  それにまた関連するかもしれませんね。

  どんな仕事をしたいのかというのも聞いてみたいと思いますので

  田邊さん、どんな仕事をしていきたいですか?

 

田:はい。私は2つあるのですがコミュニティを軸にした人材教育をしたいと思っています。

  時間とお金の時もお話ししたのですがやっぱりビジネスって人で成り立っていくのだと

  最近すごく痛感しているのですね。

  だからこそ人を軸に展開していくコミュニティの拡大に力を入れていきたいと思っています。

 

  あともう1つは私は0から1を作ることがすごく大好きなので

  世界に通用する物販を作りたいと思っています。

 

相:なるほど。物販とかコミュニティを大きくする、拡大する仕事をしていきたいということですね。

  ありがとうございます。岡本さんはどうですか?

 

岡:はい。私は時間や場所に縛られない働き方を増やしていきたいと思っています。

  なぜならば私北海道に転勤したことがあったんですが、

  その時はオンラインパン教室をしていなくてリアルでパン教室をやっていたので、

  1年間主人の転勤についていくことによってまた1から集客をして

  また1年経って生徒さんにサヨナラしてまた東京に戻ってきて

  また1から集客するという結構労力を使って自分も生徒さんも大変だったんですね。

  

  そういうことを時間や場所に縛られない働き方ができればどこにいても、

  女性が働けるそういう環境を作っていきたいと思っています。

 

相:なるほど。転勤で自分の仕事も影響を受けていたのが、それが今やオンラインで関係なくなってきている、

  そんなことをもっと広めていきたい!素晴らしいですね。

  ありがとうございます。木下さんはどうですか?

 

木:私は働くというところだけに特化するのではなく、時間の使い方というのを徹底して、

  私は今介護をしながらオンラインパン教室というのをさせていただいているのですが、

  私のような環境にある方、もしくはお子さんがいて外に働きにいけない方、

  そういう方に向けて働き方を広めて行って

  その先に経済的自立を促すような働き方ができたらいいなと思っています。

 

相:なるほど。そうですよね。これから自分だけじゃなくて、

  お父様とかお母様とかの介護の問題が出てきたりして、

  子供の問題が終わったら今度は介護の問題とかですね

  さまざまな問題がある中で仕事をいかにしていくのかというところを

  いい話として聞けたんじゃないかなと思います。

  ありがとうございます!

 

  これで最後の質問になります。岡本さんもいろんなところにいきたいと言っていましたけど

  3人がいきたいところがあるとしたらどこに行きたいですか?

  田邊さんどうですか?

 

田:私は先程まどかさんがおっしゃっていたように、私も腸活ご飯「よくばり元気玉」に合う

  玄米を探すために全国のこだわりの農家さんに会いに行って実際にその玄米を食べて、

  一緒にできれば買ってくださっているお客様とツアーで行ったり、

  そんなふうに楽しみながらいろんな方を巻き込みながら、

  そんな旅をしたいなとい今すごく思っています。

 

相:なるほど。全国に玄米を探す旅をしていきたい!

  面白いですね。ありがとうございます。岡本さんはどうですか?

 

岡:私はオンラインパン教室をやっている関係で生徒さんが全国にいらっしゃいます。

  北海道から沖縄までいらっしゃるので、生徒さんのところを回っていく旅というのを

  コロナが治ったらして行ってパン作りもしていきたいと思います。

 

相:いいですね。全国にいるから会いにいくという、

  いいですね。楽しいですね。ありがとうございます。木下さんはどうですか?

 

木:私は子供がきっかけでパン中心の食生活になったのですが、

  私自身パンが大好きなので世界中のパンを食べ歩いて

  そのレシピを皆さんに配信しながら門下生と一緒に旅行がてらパンの研究に回りたいなと思っています。

 

相:なるほど。ありがとうございます。自分の仕事も、遊びじゃないですけど旅行とか

  関連することをヒントとして聞けたんじゃないかなと思いますけども

  ハチミツの皆さんの中でも何かやろうと、ラジオを通して八王子全体で聞いているのですが、

  日本全国どこかへ行ってみたいとかオンラインで何かやってみたいというのも十分できることが

  何かあるんじゃないかなと思っていますので最後にハチミツの人たちに起業とか

  プライベートとかをうまくしながら家族のことを何かやっていくようなことがあれば、

  3人からメッセージをいただければと思いますのでハチミツたちに一言!

  田邊さんからお願いします。

 

田:今回このインタビューの機会を与えていただきありがとうございました。

  初心に帰ることができました。私からのひと言ですね、皆さん必ず諦めないでください。

  諦めなければ必ず夢は叶います。

  これは私がすごく実感していることなので諦めないでください。

 

相:はい。ありがとうございます。

  諦めないということですね。

  岡本さんお願いします。

 

岡:はい。ありがとうございます。私も考えていたことは美和さんと一緒だったんです。

  諦めないということ。

  やっぱりやろうと思ってもうまくいかないことは多々あると思うのですが

  そこで諦める人と諦めない人というのは1年後と2年後の未来というのは全く違うものになると思うんです。

 

  ですので何があっても、多少うまくいかないことがあってもそういう日もあるさと

  気軽に思っていくことが大事だなと思います。

  そして最終的には諦めないで進んでいくということが大事かなと思います。

 

相:なるほど。多少上手くいかなくても気にしないで未来を見ていこうということですね。

  ありがとうございます。木下さんもお願いします。

 

木:私は思い切ってオンラインパン教室という形に飛び込んですごく良かったなと思っています。

  迷っているよりはまずは決めること、そして行動すること、

  そして何よりも目指す人に会いに行ったほうがいいかなと思っています。

 

相:なるほど。行動することと目指す人に会いにいくということも大事だということですね。

  ありがとうございました。

 

 

相:あっもうこんな時間じゃん!

  はい。今日は株式会社 美遊人 代表取締役であり、欲張り酵素美人®︎の創始者

  そして、よくばり元気玉®︎開発者でもある田邊美和さんと

 

  天然酵母パンLab代表岡本まどかさんと天然酵母パンLabの木下明美さんをゲストにお送りいたしました。

  3人ともどうでした?最終回になりますけども。

  ありがとうございました。田邊さんはどうでした?

 

田:ありがとうございました。

  なんかあっという間の時間だったのですがやっぱり師匠とだけではなく

  同じ仲間とこうやって同じ時間を共有しながら苦労話を聞いたりとか

  やっぱりみんな自分だけじゃない、1人だけじゃないというそういう意識も高まっていい時間でした。

  ありがとうございます。

 

相:はい。ありがとうございます。岡本さんどうでした?

 

岡:ありがとうございます。お話ししていく中で忘れかけていた起業当初の思いだとか失敗談とか、

  あとはこれから自分が目指すものとか振り返ることができてとても楽しい時間でした。

  ありがとうございます。

 

相:ありがとうございます!木下さんどうでした?

 

木:私は憧れている先生や先行く田邊美和さんなどを拝見して、

  やっぱり皆さん同じような道をたどられていて、そして今こうやって成果を出されているということで

  目標になる存在だなというふうに思いましたので参加して良かったなと思います。

 

相:はい。ありがとうございます。そうですね。

  今回、酵素料理の教室、パンの教室などオンライン教室を

  やっている人にゲストでお越しいただきましたが、

  日本っていろんな教室をやっている起業家さんは多いと思うんですが

  その中でどうやって抜け出せるのかっていうのが何かヒントになったんじゃないかなということと

  みんな最初から上手く行ったわけではなくて、試行錯誤しながら企画を変え、売るものを変え、

  そして他にはないものを生み出したということが聞けたのと、

  あとはそもそもの起業に対する熱意みたいなもの、家族のことや自分のことがあったから

  上手く行ったんじゃないかなと思います。

 

  なのでこれから何か起業しようという時に

  ぜひ3人の動きというのをヒントに動いていただけたらと思います。

  来年なのかどうなのかわかりませんが全国に行くと言ってますので

  どこかでお会いできるかもしれませんしね。ハチミツたちが農家やっていたり、

  いい玄米あったり、パン屋をやっていたりしたら一報いただけたらあっていただけたらと思いますので。

 

  という形で3回のゲストありがとうございました。

 

3人:ありがとうございました。

 

相:というわけで、今日もくまこと起業家プロデューサー相葉光輝がお伝えしました

  ではまた次週お会いしましょう!

  バイバイー

  ありがとうございました。

MENU