メルマガ登録 無料小冊子

お知らせ

news

第10回ラジオ

2022.12.15 お知らせ

相葉さん(以下:相):はい!今日も始まりました

           面白くてタメになる!!くまトレ
           起業家プロデューサー相葉光輝の
           ”笑う”、”泣く”、”教える”!人生を楽しめる1分の学びと29分の楽談です。

 

 

相:今日もですね早速ですけどもゲストに来てもらってます!

  ゲストを紹介していきたいと思います。

  

  株式会社 美遊人 代表取締役であり、

  欲張り酵素美人®︎の創始者、

  そして、よくばり元気玉®︎開発者でもある田邊美和さんです!

 

  田邊さんは36歳以上の、もしかして?更年期世代の方に

  独自の食リズムメソッドを開発し腸活ごはん「よくばり元気玉」を軸に

  大人の食事トレーニングスクールを運営しています。

  そしてもう一人、天然酵母パンLab代表岡本まどかさんです。

  岡本さんは5種類のパンを覚えるだけで

  たった3ヶ月で人気のパン教室やパンの独自販売ができる

  「天然酵母パンLab」というオンラインで学べるパン教室を主宰しています。

  約2年間で北海道から沖縄まで100名以上のオンラインパン教室の先生を育て

  全国にオンラインパン教室を広めた実績の持ち主です。

  女性が自宅にいながら働ける仕組みづくりに力をいれています。

 

  そして最後の3人目、3ヶ月で自慢の天然酵母パンが焼ける様になる

  天然酵母パンLab木下明美さんです。

  木下さんは自分のオリジナルレシピを作る「レシピを読む力」をつけ

  パン作りが自信になり周りの人を感動させるだけでなく

  お仕事としてもスキルを活かすことができます。

 

  家族の時間を大切にしながら経済的に働きたい方に向けたパン教室を運営しています!

  よろしくお願いします!

 

相:それでは3人のゲストを迎えながら進めていきたいと思います。

  早速コーナーに入りたいと思います!

  くまのかんりにんの1日1分ヒント

  ー人生を楽しめる起業家になるための1日1分の学びー

  このコーナーはどんなことをやるのか?と言いますと僕が今

  個人版フランチャイズを実現する唯一の起業家の学び場である
  「アントレランド」というのを運営していますが、

  そこで昨年1年間、朝5時30から集まってチャンスプロジェクトという
  起業家を一人にさせない脱落させない、成果を出すプロジェクトをしていました。

  そこで最後に私が人生を楽しめる起業家になるための1日1分の学びを話していました。

  その学びから抜粋して役に立ちそうなことを話していきます。

  今日もゲストの方に聞いてもらいながら進めていきたいと思います!!

  今日わたしが話したいことは、

  「本気で起業するなら資格を取るよりも研究を深めよう!」です。

 

  日本人は何か起業をしようとする際に資格を取得したり協会に入ったりするケースが多いです。

  だけれどもその資格を持っている人がどうやって食べていけているのか?

  協会に入っている人がどうやって稼げているのか?

 

  そこはなかなか見えてきません。

  私は資格や協会を創る側だからわかるのですが資格を取得させる会社や協会で資格を発行する会社は

  その技術やスキルは教えてくれるのですが

  その技術やスキルで独立開業まで面倒見てくれる場所がすごく少ないです。

 

  だから本部は儲かるけど資格を取っても儲けられない人がたくさん生まれてしまうんです。

  日本人はただ学ぶことだけすればいいという人が多いので
  資格を取ることは悪くはないのですが本気で起業するならば自分で研究することを意識してみてください。

  この件について3人について意見を聞いてみたいと思います。

  田邊さんはどうですか?

 

田邊さん(以下:田):はい、私のところには、食の協会でいろいろな資格をお持ちの方が

           よくいらっしゃるんですけども、実際にそれを得て収入を得ている方は本当に少なくて、

           みなさん集客に悩まれていることが一番多いですよね。

 

相:集客ね、なるほど。
  岡本さんはどうですか?

 

岡本さん(以下:岡):はい、田邊さんと全く一緒なんですけれども、

           私のところにもですね資格を持った方がたくさんいらっしゃいます。

           しかも、このパン教室もこのパン教室もと、

           3〜4つ持ってらっしゃる方がいるにも関わらず、持っているだけで終わってしまっている。

           という方が本当に多くいらっしゃいます。

           だから、それを本当に仕事にできる仕組みがあるとね、

           こういいかなということで私も今そのようなことをしています。

 

相:なるほど、ありがとうございます。
  木下さんはどうですか?

 

木下さん(以下:木):私はその言われていた資格をたくさん持っていて迷っている立場で

           岡本先生のところにお伺いさせていただいたんですが、

           岡本先生の研究からうまれた、講座っていうのを私は今それを受け取って、

           自分のものにしていって、発信をさせていただいてるところになります。

 

相:そうですね。ありがとうございます。

  資格を取ってもお客さまが集められなければ売上が立たないということでね、

  じゃぁみんなどうやって売り上げてるのか?とか、どうやってお客さまを集めてるか?っていうのも、

  この3人にね、聞いていきたいと思います。

 

  ありがとうございます!

  ぜひ好きなことを仕事にみたいっていうことをしたい人がいたら、

  3人のことを調べて連絡をとってみてください!

  それでは次のコーナーに進めていきます!

 

相:題して
  ーーーーーーーーーーー
  くまと仲間たちの挑戦
  ー「人生は君が想うより楽しんでいいんだよ」
  アントレランドの教え子や招待するヒーローたちの
  インタビュー形式で魅せるマイプロデュースデザインーーー
  ーーーーーーーーーーー

  このコーナーでは、

  僕の教え子さんを呼んでインタビュー形式で未来を語り合うコーナーです!

  先ほどのコーナーでも言いましたが未来をまず描くことが大事なので

  ここでは未来の描き方をぜひ参考にしていただけたらと思います。

 

  では引き続き3人に聞いていきたいと思います!

  田邊さん、岡本さん、木下さん、改めましてよろしくお願いします!

 

3人:よろしくお願いします!

相:もう一回ね、ハチミツたちに3人の自己紹介を簡単にしてもらおうと思います。

  田邊さんからもう一回自己紹介よろしくお願いします。

 

田:はい、1日3回美しくするっと出す。

  腸活ごはん元気玉で更年期の奇跡を起こす欲張り酵素美人プロデューサーの田邊美和です。

 

相:はい、ありがとうございます。
  岡本さん、お願いします。

 

岡;はい、5種類のパンをシンプルに覚えるだけで、

  たった3ヶ月で人気のパン教室やパンの独自販売ができる天然酵母パンラボ主宰の岡本まどかです。

 

相:はい、ありがとうございます。
  木下さん、お願いします。

 

木:はい、3ヶ月で自慢の天然酵母パンが焼けるようになる、

  たった1回のレッスンを受けただけで作りたいパンがどんどん焼けるようになる天然酵母パンラボ木下明美です。

 

相:はい、ありがとうございます。

  第1回目を聞いている方はわかると思いますが3人がどうやって決意して、

  起業したのかというのを第1回目では聞きました。

 

  ちょっと振り返りますと、田邊さんはね、26歳の時に離婚をして働き方を変える必要があったので、

  起業をしていきました。

 

  岡本さんは、前職は違うことをやっていたんですけど、

  家族の都合で前職を辞めざる追えなくなって、  

  その後自分ができること好きなことをやろうと思って、今のお仕事をしています。

 

  木下さんはね、家族がお米アレルギーになってしまったから

  パンを極めるってことでパン教室をやっている。

 

  それぞれね、起業しなければならない理由がありました。

  そんなことを踏まえながら、もうちょっと3人のプライベートなことをね、

  ちょっと聞いていきたいと思います。聞いていきましょう。

 

  3人ともご結婚されて、お子様も大きくなってますけど、プライベートで失敗したことが、

  特にね教室の起業って自宅を使って教えたりしますんで、

  いろいろ家族との兼ね合いって難しかったと思うので、その辺を聞いていきたいなと思います。

  田邊さんどうでした?

田:起業当初は夫との約束で家を使うのは平日のみ、家族がいない時間にやるということだったのですが

  だんだん生徒さんが増えて日曜日しか来れない人のために週1回だけと約束していたのが

  2回、3回と増えてそのうち家族はゆっくりリビングで過ごす時間は無くなってしまったんです。

  それで夫にもやるなと禁止命令を出されまして。

  あの当時はスーツケースを3つ抱えてレンタルキッチンを渡り歩くみたいな、あれは本当に大変でしたね。

 

相:なるほど。一回離婚されて再婚されたんですか。

  その再婚した旦那さんい愛想尽かされたらいけないところを・・・

  今はどうなんですか?

 

田:今はおかげさまで旅に行く時も仕事に行く時も車で羽田まで送ってくれています。

 

相:やっぱり仕事がうまく行くと関係も良好になるんですね。

 

田:起業でステージが変わると家族の関係は変わるんだなとすごく今実感しています。

 

相:大変な時があったと。ありがとうございます!

  岡本さんはどうですか?

 

 

岡:私は以前、自宅を使ってパン教室をしていたんですね。

  それでパン教室のコンセプトとしては生活感を出さないようなコンセプトでしたので

  子供が学校に行っている間にパン教室はしていたのですが

  水曜日って子供が学校から返ってくるのが早いんです。

  それを私うっかり忘れていて水曜日に普通にレッスンをしていて、

  生徒さんと食事をしていたら気付いたらガチャという音がして

  子供がランドセルを担いで入ってきたという感じで

  子供は子供で聞いていなかったのでびっくりという、生徒さんはそれなりにおかえり〜と言ってくれて

  楽しく過ごしたのですが私は冷や汗がでたという件があります。

 

相:今はどうなんですか?お子様も大きくなって

 

岡:今はもう子供も大きくなって大学生と高校生になったのですが

  私も子供が大きくなると同時に別の場所を借りて教室をやっておりますのでそんな心配はもうないんです。

 

相:なるほど。もう好きにできるんですね!いいですね、

  自分の城を構えるって理想ですね!ありがとうございます。

  木下さんはどうですか?

 

木:私は長崎県の田舎の方に住んでいますので場所がちょっと分かりづらいんですね。

  皆さん結構道に迷うというか覚えられないような場所にありまして

  定刻通りにレッスンがスタートしないということが結構ありました。

  スタートした当初は幼稚園のママ友が多かったので皆さん同じ幼稚園だったりするんですよね。

  ついつい話が弾んでお迎えの時間になって、あっお迎えだって返っている途中に

  1人一旦停止で捕まったりというのが何度かあったりして、

  そういう感じだったので師匠とか先生とか自分のお城というところで

  レッスンをしているというのは憧れた時期もありましたけど

  今は新しい働き方を手に入れたのでそちらの方を極めたいなと思っています。

 

相:そうですよね。今は3人ともオンラインでいいわけですからね。

  パン教室や料理教室をオンラインでやるってどうやってやるのかぜひ調べてほしいと思いますけども、

  場所すらも必要なくなってきてるという面白い働き方ができているというのは

  参考になるんじゃないかなと思います。ありがとうございます。

  そういうふうにうまく行っている話もありますけどももう少し失敗した、特に大失敗した経験とか、

  今に私はこうなるんだと決意したことなんかもちょっと聞いてみたいなと思うのですが

  田邊さんどうですか?

  失敗した経験とかこうしたいんだというものがあったら教えてほしいなと思います。

 

 

田:私は起業して順調に進み、1周年パーティーをやったんですけどその直後に

  当時いた門下生がごっそり辞めてしまったという経験がありました。

  それが裏で繋がって生徒さんを巻き込んで不信感が広がったというすごく辛い経験をしたんですけども

  その時今目の前にいる相葉さんが言ってくださった一言で奮起できたんですよね。

   ハチミツの皆さんたちその言葉聞きたくないですか?

  相葉さんが今はこれから出会う門下生のことを思って目の前を見てほしい、

  僕はそれができたから田邊さんに出会えたんだよ!と言われて、この言葉やばくないですか?

  師匠も同じ経験をされているんだなと。

  それ以来この言葉が全ての問題解決の自信になっています。

  ありがとうございます!

 

相:なるほど。当時はみんないなくなるという大変な思いをされましたけど、

  今はまさに門下生さんがヒットしたりたくさんの人数が集まってきているので

  やり続けるって大きいなと思いますよね。

  岡本さんはどうですか?

 

岡:私は失敗というか自分で考えて自分でやっていたというところがあったんですね、

  それでうまくいかない時に相葉さんから何で相談しないんだと言われた経験があります。

  やっぱり自己流でやっていても上手くいかない、まずは上手くいっている人を真似するというところで

  モデリングをしようと決意しました。そして迷ったら1人で考えるのではなく

  遠慮と躊躇を捨ててそ相談するということをやっていこうと決めました。

  相葉さん今穏やかにしていますけど、何で相談しないんだって怖かったんです(笑)

 

相:厳しい先生が丸くなっていくように僕も丸くなって笑

  本当にもったいないなと、いろんなことをやっているのにどんどん勝手に進んでいっちゃうので、

  成果が出ればいいなと思うのですが、もったいないと思ったので。

  それが今やどんどん相談して大きくなっていくというのは本当にすごいなと思います。

  ありがとうございます!

  木下さんはどうですか?

 

 

木:今の岡本先生のお話を受けてになったんですけども私もどちらかというと自分で勝手にやってですね、

  師匠に個々違うんじゃない?と言われてもとにかく突き進んで

  昨年の12月は大失敗をしましてセミナーが全く入らないような状況になっていたんですけども、

  そこから、モデリングをする、師匠を真似をするということを宣言させていただきまして

  やはり勉強するというか、特に目指す師匠がいるというのは心強いんだなというふうに感じています。

 

相:なるほど。目指すものがあるというのはいいですよね。

  ありがとうございます!そんな皆さんが当時思い描いていたなりたい自分、

  当時は大変だったと思いますがなりたい自分ってどういう人だったのか聞いてみたいと思います。

  田邊さんは当時どういうふうになりたいと思ったのですか?

 

田:私がなりたかった自分は選択できる人生を歩み歩ませることですかね!

  どういうことかというと自分が母子家庭でその環境のせいで苦労して

  子供がサッカー留学を諦めることになってしまって選択できる人生を手渡せなかったことが

  すごく後悔したことだったんです。なので私の家族も私に関わる人が

  選択できる人生を歩ませることをまず決断したからだと思います。

 

相:なるほど。自分だけじゃなくて家族の選択肢までも狭めることをしたくないという思いがあって

  今そうなっている。素晴らしい決意ですよね。

  ありがとうございます!岡本さんはどうでした?

 

岡:私は一度仕事を辞めて専業主婦になっていたので働こうと思った時に好きなことができないとか、

  自分は精神的にも経済的にも自立できないという時期があったのでまずは自分が好きなことで

  経済的にも精神的にも自立したいと思ったんです。それができるようになったら

  今度はそれをやりたくてもできない人って日本の中にはたくさんいるので、社会がね、

  どっちかと言うとヨーロッパなどに比べると女性が自立して働くというのは

  遅れていたりするのでそれは伝えていきたいという思いがありました。

 

相:なるほど。女性の自立を、私が背中を見せるって素晴らしいですよね。

  今でこそ女性の働き口って増えましたけど、3人が起業した時って多分大変だったと思うんですよね。

  それをやり続けてきた結果が見えてきたのではないかと思います。

  ありがとうございます。

  木下さんはどうでした

 

木:私は元々自己肯定感が低いので、それこそ資格をたくさん取って満足するようなタイプだったんですけども

  コロナでその資格を活かす場所がなくなってしまって唯一自分で居場所を

  確認できる場所がなくなってしまった時に自分の中でやりがというものを見失ってしまったんですけども

  岡本先生の姿を見て私はこうなりたいと憧れの存在となりましたので、

  今は岡本先生のようになりたいということで背中を追いかけさせていただいております。

 

相:なるほど。そうですね、コロナとかで働き方が変わるって

  皆さんにとっても大きい出来事だったと思いますしそこを乗り越えて憧れた人を探した。

  これも1つ参考になることなんじゃないかなと思います。

  ありがとうございます。

  じゃあもう1つ最後になるかなこの質問。そんな形でやってきましたけども

  起業初期から今に至るまでどうやって売上を作ってきたのかというのを聞きたいなと思っています。

  特に3人は月商7桁という形で100万円を超える売上というのを教室で作ってますので

  それをどうやってきているのかを聞いていきたいと思いますので参考にしていただけたらなと思います。

  田邊さんから0からの軌跡というのを聞いて行きたいと思いますけどもどうだったんですか?

 

田:0からの軌跡。私は未来を明確に描くことだと思います。どういうことかと言いますと

  私の場合はまずは未来を描くことから始めて今の自分の当たり前で考えるのではなく

  ぶっ飛んだ未来を描くこと自分が叶えたい世界観やそれを叶えた時にどんな感情になるのか

  絶対にその未来を手に入れたいとなる強いやる理由のセットアップが一番大切だと思います。

 

相:なるほど。やっていきたい強いやる理由ですね。

  それが先ほどの選択できる人生を歩み歩ませるみたいなものですかね。

  なるほど。ありがとうございます。

  岡本さんはどうですか?

 

岡:私もまずは自分がこうなりたい!経済的に自立したい、精神的にも自立したいということを決めました。

  そしてなぜそう思ったかというとやっぱり子供に選択できる人生を歩ませたかったんですね。

  私の子供は高校生になりましたけどもその娘がカナダに留学したいと言ってきた時に

  それをすんなり行かせることができた時は本当にやってきてよかったなと思いました。

 

相:なるほど。子供のために動いてきたということですよね。

  ありがとうございます。

  木下さんはどうですか?

 

木:私は何もかもコロナで教室が0の状態に、フラットの状態になった時に岡本先生の働き方に憧れて

  オンラインパン教室を始めましたが私はその岡本先生が歩んでいらっしゃった道を

  そのまま真似をするだけで月商7けたを叶えることができました。

 

相:なるほど。歩んでいくだけって言っても簡単に言いますけどなかなか簡単ではないと思うのですが、

  まぁ簡単にいうと売る物を作って、売る場所を作って、集客していくということがやってこれたと。

  みんな3人はSNS、Instagramを使ったり、活動したりしてとか色々しているんですけども

  そういう中でファンを作ってこれたということが大きいのとそのファンを作るための

  思いが強かったというところが大きなポイントだったんじゃないかと思います。

  ありがとうございます。

 

相:あっもうこんな時間じゃん!はい。

  今日は株式会社 美遊人 代表取締役であり、欲張り酵素美人®︎の創始者

  そして、よくばり元気玉®︎の開発者でもある田邊美和さんと

  天然酵母パンLab代表岡本まどかさん、

  そして天然酵母パンLab 木下明美さんをゲストにお送りいたしました。

 

  引き続き来週まだまだ質問したいことがありますので来週も3人に来てもらおうと思っていまして

  この後のやりたいことを形にするにはどうしたらいいのかとか

  時間とお金をどうやって使っていったらいいのかですね、

  これからどんな人になっていきたいのかですね、

  これからどんな仕事をしていきたいのかとか、

  そんな未来に向けたことをインタビューしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

 

相:どうでしたかね?ハチミツの皆さんたち聞いてみて、

  思ったことはですね、まず1つ、決意があったということですよね。 

  資格を取ったはいいもののその資格をどうやって活かしていくのかということで

  ファン作りをして自分達のコミュニティを大きくしていくのですが

  このファンを作るということはですね、ただSNSで発信すればファンができるというものではなくて

  私はこういう理由で起業しているんだとかこんな想いを持ってこんな人たちと

  こんなパン教室をやっていきたいんだ、こんな酵素料理教室をやっていきたいんだという

  想いを発信することが1つ大事になってきますので何か自分やってみたいんだけども、

  やってみてね、まだまだ中途半端で上手くいかないみたいなことがあった場合はですね、

  今一度何でやるのか。どういう想いでやっていくのかというのは3人のように

  はっきり浮かび上がってこなくても考え続けたら必ず浮かびますので、

  ぜひそんなやる理由っていうのをもう一回見直して動いてほしいなと思います。

 

 

相:では今日もくまこと起業家プロデューサー相葉光輝がお伝えいたしました。

  ではまた次週お会いいたしましょう!

  バイバイー

MENU