メルマガ登録 無料小冊子

お知らせ

news

第9回目ラジオ

2022.12.06 お知らせ

相葉さん(以下:相):はい!今日も始まりました

           面白くてタメになる!!くまトレ

           起業家プロデューサー相葉光輝の“笑う”、”泣く”、”教える”!

           人生を楽しめる1分の学びと29分の楽談です。

 

相:ハチミツのみんなー元気でしたかー(ハチミツというのはリスナーの呼び名です。)

  どうですか?元気でしたかね?

  世間では夏暑いですけども円安になりインフレになり、

  ますます今の会社員のままでは厳しい生活になっていくので

  一昔前は起業したほうがいいですかね?なんて相談が多かったですが

  今は起業しないってもうやばいですねという流れになっております。

  こう言った大変な状況だからこそ売上や収入を増やしていくことをもっと考えていく必要があります。

  さて、改めてこのラジオで伝えたいことは、

  面白くてタメになる!!くまトレ

  起業家プロデューサー相葉光輝の

  ”笑う”、”泣く”、”教える”!人生を楽しめる1分の学びと29分の楽談です。

 

相:具体的には起業に関わらず、人生を楽しめる話を冒頭1分で話して、

  「あーすげーいいこと言っちゃった」ってなって

  みんなはすげー良いこと聞いちゃったってなればOKかなと思っております。

  で毎回1分だけ聴けばもうOKじゃない?

  みたいになって残り29分は楽談しちゃいます。

 

  楽談って何?って初めて聞く人もいると思いますが、実は楽談という言葉は私が作った造語なのですが、

  もともと談義という言葉があって、談義は物事の道理を解き明かし聞かせることという意味なのですが、

  ただ普通に談義しても面白くないので楽しく談義しようと思い楽談という言葉を作りました。

  具体的なイメージは世の中テーマに沿って話したり相談を受けたりすることってあると思います。

 

  例えば、リスナーさんの悩みとか?相談とか?起業家の悩みとか?

  そんな今の世の中が抱える問題にただただ僕が回答するだけでなく、

  僕なりに”楽しいくま”のイメージで世の中の問題に対して説教していくイメージです。

 

  こんなイメージで少しでも役に立って楽しいラジオにしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

  ということで早速最初のコーナーにいきましょう!

 

 

相:くまのかんりにんの1日1分ヒント

  ー人生を楽しめる起業家になるための1日1分の学びー

  というわけでこのコーナーはどんなことをやるのか?と言いますと

  僕が今個人版フランチャイズを実現する唯一の起業家の学び場である

  「アントレランド」というのを運営していますが、

  そこで昨年1年間、朝5時30から集まってチャンスプロジェクトという

  起業家を一人にさせない脱落させない、成果を出すプロジェクトをしていました。

  そこで最後に私が人生を楽しめる起業家になるための1日1分の学びをいつも話していました。

 

  その学びから抜粋してお役に立ちそうなことを話していきます。

  そしてなんと今日話したいことは、ゲストと進めていきたいと思いますので、

  まずゲストをお呼びしたいと思うのですがちょっとびっくりしちゃうかもしれませんね!

  それではゲストを呼んでいきたいと思います。

 

  ゲストさ〜ん!!

 

ここねちゃん:(以下こ):後藤ここね 9歳です。

             趣味は手芸で将来はいろんなことに

             チャレンジする人になりたいのと、宝石💎を磨いてみたいです。

 

相:はい。ありがとうございます。後藤ここねさん9歳。

  なんとですね、僕の娘でございまーす!

  今日は私の娘をゲストに呼びました。

  じゃあここねと始めていきたいと思いますけども

  早速趣味は手芸で宝石をやっていきたいという話もありましたけどパパはどんなパパですか?

 

こ:優しくて、仕事に熱心で、いつも遊んでくれる、いいパパです。

 

相:これ僕がシナリオ書いたみたいになってますけどあくまでも娘が書いていますので

  嬉しいですね。ありがとうございます! 

 

  じゃあもう一個ここねに質問しちゃおうかな!

  今ね僕たちは将来についてのお仕事の話をしているんですけどもここねたちも将来について

  お友達とお話ししたりすることある?

 

こ:あります。お友達の将来の夢を聞いたりしてます。

  よく聞くのは女の子で、パティシエ屋さんをやりたいという人が多いです。

  勉強の苦手な男の子でも、ドッヂボールが上手でドッヂボール大会に出たいっていう夢を持っている子もいました。

 

相:そうなんだねー

  ちなみにここねは?

 

こ:私は宝石を磨いてみたいです。

 

相:宝石を磨いてみたいんだね。

  やっぱり女の子はパティシエとかが多いんだね。

  ありがとう!

  なんで今回ここねを呼んだかというと

  実は僕自身今のここねと同じ歳の9歳だった時、僕47歳のいい歳なんですけども

  僕9歳になった時に先生に言われたことで人生が変わった経験がありました。

 

  小学校4年の僕は当時担任の先生だった麻生先生にこう言われました。

  「人には必ず1個以上誰にも負けない自分にしかない強みがあるから、

  それを克也1年かけて見つけてほしいんだ。」って言われたんです。

 

  僕相葉光輝と言ってますがペンネームで本名は後藤克也というんですけども、一回置いておいて

 

  1年かけて自分の強みを見つけて欲しいんだと言われました。

  だけど勉強ができなかった僕は1年かけても自分の強みを見つけることはできませんでした。

 

  小学校4年生の時にしていたのは、勉強嫌いだったので先生の話を聞かずに

   ボーっと雲を見て空想すること。地球って動いているんだなーとか

  そんなことを考えたり、休憩中に遊ぶゲームを考えたり

  何かアイデアを考えることが大好きでしたが、勉強は得意ではありませんでした。

 

  しかし、今僕はその個人にしかできない仕事を僕のアイデアで生み出して形にするというお仕事をしています。

  つまり、僕の強みは小学校4年生の時にはもう備わっていたんです。

 

  だから今ここでパパから娘に伝えたいことは自分が好きなこと、心が躍ってワクワクすることを

  とことんやってほしいということと、何か興味が少しでもあったものは怖がらずやって欲しいということ

  そんなことを考えています。

 

相:ここねちゃん、今の話を聞いてどうだった?

 

こ:自分で、やりたい!って思ったら、やる!っていうことがよく分かりました。

 

相:これ本当に僕作ってませんからね?

  娘が自分の意思で言っていますから。

  というわけでありがとう!どうだった?

 

こ:楽しかった!

 

相:ありがとう!

  今日の1日1分ヒントのゲストは私の娘の後藤ここねちゃんでしたー

  ありがとう!

 

こ:ありがとうございます!

 

 

相:はい!

  それでは次のコーナーにいきたいと思います!

  くまのぶーさんの逆襲ー「良い話なんて他で聞けっ!」

  成果のヒーローインタビューーーー

 

  ということで、ここでは

  うまくいかなかった時の話や「今に見ていろっ僕だって」と言った思いを

  記録で語る逆転ストーリーを根掘り葉掘りゲストに聞いていきたいと思います。

  ここからは私のゲストではなくてまた新しいゲストをお迎えしたいと思っております。

 

  1人目は、株式会社 美遊人 代表取締役であり、欲張り酵素美人®︎の創始者

  そして、よくばり元気玉®︎開発者でもある田邊美和さんです!

 

  田邊さんは36歳以上の、もしかして更年期世代の方に独自の食リズムメソッドを開発し

  腸活ごはん「よくばり元気玉」を軸に大人の食事トレーニングスクールを運営しています。

  今日はゲストが3人います。

  そしてもう一人、

  天然酵母パンLab代表岡本まどかさんです。

  岡本さんは、5種類のパンを覚えるだけでたった3ヶ月で

  人気のパン教室やパンの独自販売ができる「天然酵母パンLab」というオンラインで学べる

  パン教室を主宰しています。

 

  約2年間で北海道から沖縄まで100名以上のオンラインパン教室の先生を育て

  全国にオンラインパン教室を広めた実績の持ち主です。

  女性が自宅にいながら働ける仕組みづくりに力をいれています。

 

  そしてもう一人、3ヶ月で自慢の天然酵母パンが焼ける様になる天然酵母パンLab 木下明美さんです。

  木下さんは自分のオリジナルレシピを作る「レシピを読む力」をつけ

  パン作りが自信になり周りの人を感動させるだけでなくお仕事としてもスキルを活かすことができます。

  家族の時間を大切にしながら経済的に働きたい方に向けたパン教室です!

 

 

  それでは田邊さん、岡本さん、木下さんよろしくお願いします!

  田邊、岡本、木下「よろしくお願いします!」

 

相:田邊さんは誰しもが憧れる酵素料理や健康などで注目される料理教室で活躍されている先生です。

  そして岡本さん、木下さんもパン教室なのにオンラインで教えられるから

  時間とパン作りに縛られない自由な生活ができていたり、

  多分3人の話を聞いたらそんな憧れること本当にやっているの?と

  思われるかもしれませんので改めて自己紹介をお願いいたします。

 

田邊さん(以下:田):1日3回美しくするっと出す!腸活ごはんで更年期の奇跡を起こす!

           欲張り酵素美人の田邊美和です。

           腸活ごはんとは腸に寄り添い腸を整える私の

           オリジナル混ぜ込み玄米発酵ご飯なんですが今年54歳になる私がですね、

           34歳で更年期障害で苦しんだことをきっかけに自分で食を見直し開発し、

           辛い更年期障害を克服した奇跡のごはんなんです。

           食べるだけであなたも1日3回するっと出せる体になります。

           更年期女性のハチミツリスナーの方、男性のみなさんごはんを変え、

           体を変え人生を変える更年期の奇跡を起こす腸活ごはんが気になる方は

           「よくばり元気玉」と検索してみてください。

 

相:はい。ありがとうございます。

  続いて岡本さん自己紹介お願いします。

 

岡本さん:(以下:岡):はい。こんにちは!岡本まどかです。

            5種類のパンをシンプルに覚えるだけでたった3ヶ月で人気のパン教室や

            パンの独自販売ができる天然酵母パンラボ主宰岡本まどかです。

            パン教室やパンの販売を始めようと思ったら最低でも2年、

            100万円は必要だと言われています。私はこれまでこの敷居の高さが原因で

            途中で夢を諦めた人を何人も見てきました。

            夢を途中で諦める人をなくしたいという思いでこれまでの

            10分の1のお金や時間で学べるように創った講座が天然酵母パンラボです。

            2022年以降、コロナの影響でたくさんの教室やお店が休業を強いられ苦しみました。

            そこで天然酵母パンラボでは今までの講座に加えてオンラインでパン教室を開催する方法や

            オンラインパン教室をヒットさせる仕組みなどもお伝えしています。以上です。

 

相:はい。ありがとうございます!それでは木下さん、自己紹介をお願いします。

 

木下さん:(以下:木):はい。今岡本先生にご紹介がありましたけども

            私はその門下生としてお仕事させていただいています。

            天然酵母パンラボ木下明美です。

            3ヶ月で自慢の天然酵母が焼けるようになる天然酵母パン、

            たった1回のレッスンを受けただけで作りたいパンが

            どんどん焼けるようになる自慢の講座です。

             なぜこの粉を使うのか、なぜこの水の量なのかレッスンを重ねる度に

            レシピを読む力がつき方に縛られず、自由な好きなパンが焼けるようになります。

            今生徒さんの中で流行っているのは市販のパンを天然酵母で再現しようということを

            みなさんでチャレンジしていただいています。よろしくお願いします。

 

相:はい。ありがとうございます。

  みなさん多分聞きなれないと思いますが欲張り酵素美人の田邊さんとですね、

  天然酵母パンラボの岡本さんと木下さん。

  3人とも酵素料理とパン教室の教室というお教室で起業されている先生たちですね。

  

相:ありがとうございます!ではその先生たちが

  どんな経験をしてどんな成果を出していったのか?

  そしてどんな未来を考えているのか?っていうのをこれから聞いていきたいと思います。

  きっと起業を始めようと思った時に何か資格を取ったりしてそういう教室で教えたいという方、

  ハチミツの方達がいると思うんですけども参考になると思いますので楽しみにしていてください。

 

相:では早速聞いていきます。

  順風満帆に見える田邊さんや岡本さん、木下さんですが、

  そもそも起業しようと思ったきっかけを3人に聞いていこうと思います。

   田邊さんは起業しようと思ったきっかけってなんだったんですか?

 

田:はい。私は26歳で離婚して当時1歳と6歳の息子を持つシングルマザーだったんですが

  離婚した夫からの援助は全くなく生きていくために

  寝ないでトリプルワーカーの生活をして困窮な時期があったんですけど

  その時読んだ本が「ワークシフト」というタイトルだったんですけど

  貧困から自由になる働き方っていうタイトルでしたかね、

  こんな一生は嫌だなって使われて働くのは嫌だなって自分で起業したいっていう

  その時初めて目の前の苦しみから未来を変える決断をしたのがきっかけですかね。

 

相:なるほど。離婚して生活のためにみたいな感じですかね?

  ワークシフト、理想の生活をしたいと決意して起業した。

  なかなか決断が切羽詰まっているといいますか、

  そんなようなところですかね。ありがとうございます!

  岡本さんはどうだったんですか?

 

岡:はい。私は初め航空会社に勤めていて、結婚しても子供を産んでもずっと仕事を続けるつもりだったんですね。

  なんですけど家庭の事情で仕事を辞めることになりました。そして私は専業主婦をしていたのですが、

  その時はすごく楽しく過ごしていたんですけどもある程度子供が大きくなって派遣で働いてみたいなと思って

  1日とか2日とか働いてみた時にすごく久しぶりに働いて楽しかったんですけど

  やっぱりこう昔みたいにお給料がいただけなかったりとか好きなことができなかったりとかしたので

  これだったら自分が好きなことで自分が好きなことを仕事にできたらどんなにいいだろうなと思って。

  なかなか日本って1度仕事を辞めると好きなことを仕事にするというのは難しかったりするのですが

  それをやれたらどんなに楽しいかなと思って起業してみようと、

  やれないことをやってみたいというチャレンジみたいな形ですね。

 

相:なるほど。そうですね、前職の航空会社と全然違うことをやっているということですよね!

  すごいチャレンジだなと、その辺どうやったのかなというところもこの後聞いていきたいと思います。

  ありがとうございます。木下さんはどうだったんですか?

 

 

木:私はですね、子供におかえりと言ってあげるママになりたくて結婚と同時に看護師を引退しました。

  そして専業主婦になったんですけども翌年生まれた長男は重度の食物アレルギーということがわかりました。

  なんと日本人の主食、お米アレルギーだったんです。

  それ以外にもたくさんアレルギーがありえ〜何を食べさせたらいいのというところからスタートして

  我が家はパン食が中心になりました。

  そこからは安心で安全なパンを焼くために研究を毎日続けてきて今があります。

 

相:なるほど。木下さんの場合はもうお米がダメだからパンという究極な迫られたからという

  なかなか珍しいケースですけれども、思ってもなかなか行動に移せないのでパンでやったというね、

  何か参考になるかなと思います。ありがとうございます!

 

  で今日3人にゲストに来てもらっていますけど田邊さん、岡本さんは僕のアントレランドの教え子というか

  門下生でやっていまして木下さんは岡本さんの門下生という形で起業しております。

 

  もう1個質問していきたいなと思いますけどもその起業していく中で苦労したこととか失敗したこと、

  こんなエピソードをちょっと聞いてみたいと思います。

  じゃあ田邊さんからお願いします。

 

田:はい。私起業スタートは実は相葉さんと出会う前に料理教室を始めていたのですが、

  講座の内容には地震があったのですが自分にどうしても自信がなくてすごい安価な料金でやっていて、

  安価だったこともあり全く利益が上がらず、毎日忙しくて生徒さんが増えすぎて

  クレームまで出してしまってもうどうしたらいいのかわからないという状態で、

  そこからフランチャイズのセミナーで相葉さんに出会ったのが今の結果なのかなと思っています。

 

相:はい。ありがとうございます!岡本さんはどうでした?

 

岡:私は始め、パン教室を自分でしていたのですが、相葉さんのところに伺う前ですね、

  その時にやっぱりなんとなく募集しても生徒さんは来てくれる状態だったのですが、

   自己流でやってしまう、人に相談することをやっていなかったので、

  相談することをすれば1日、2日で解決することを1ヶ月かかってしまったりとか、

  今考えるとそれが失敗だったのかなと思います。

 

相:なるほど。ありがとうございます!木下さんはどうでした?

 

木:私は田邊さんと近いのですが、私は下の娘の幼稚園をきっかけにパンを作るということを教え始めたのですが

  そのママ友がですね、教えてほしいということで、やっぱりスタートが安価だったので

  人気の教室にはなれたのですが皆さんが来る理由というのが安いから木下さんのところに行くという

  スタイルになってしまったので本当に大失敗だったなと思います。

 

相:なるほど。ありがとうございます!

  あっもうこんな時間じゃん!あっという間に時間が経ってしまいましたけども

  田邊さん、岡本さん、木下さん、どうやら自分でまずやってみた、起業してみたけどそれがうまくいかない原因。

  僕にね、もちろん僕だけじゃないでしょうけど、何かこう頼れる人、

  自分が持っていないものを、自分がフランチャイズやりたいとかそういうのを学んで

  成果を上げたということを聞けたので参考になったらなと思いました。

  

  どうですか?3人とも、ありがとうございました!

 

田:みんな共通なことがあるんだなと改めて思いました。

 

相:どんなところがですか?

 

田:やっぱり料理教室で自己流というやり方が、それしか知らないのでやっていたのですが、

  やっぱり相談することって改めて今日感じました。

 

相:特に料理教室の方というのは単価が低い。単価が低いというのは悪いことじゃないですけども

  よかれと思ってやってあげたものの見返りというか自分に返ってくるものが少ないとか

  思いの外時間がかかりますからね。

  それを価値に変えられているというのが3人の強みじゃないかなと思います。

  岡本さんどうでした?

 

岡:そうですね、やっぱり自分でやっていた時とは価値化をつけることが変わってきたなと思います。

  時間をかけて教えてあげることが価値だと思っていましたが、

  今の私の講座は10分の1の時間やお金を勝ちにしているのでそう言ったところで

  相葉さんと一緒にさせていただいて学んだことです。

 

相:そうですね、たくさん教えることがたくさんレシピを教えることが

  価値だと勘違いして思う方も多いかと思いますが、そうじゃないというところをね

  また来週もゲストに来てもらおうと思っているので聞いてみたいなと思います。

  ありがとうございます!木下さんはどうでした?

 

木:私は岡本先生と知り合ってこんな働き方があるんだっていうので学ばせていただいているのですが

  自分の商品の価値を改めて作ることができたということで

  私も子の働きたを皆さんに伝えていきたいなと思います。

 

相:なるほど。共通するのは価値ですね!自分の商品に価値をつける

  それですよね!いろいろ料理教室やお教室をやっている先生は多いので

  その時になんの価値をつけるのかというのがどうやら重要だと思います。

 

  その辺を来週、聞いていきたいと思いますので引き続き来週もよろしくお願いします。

 

3人:よろしくお願いします!

 

相:今日は株式会社 美遊人 代表取締役であり、

  欲張り酵素美人®︎の創始者

  そして、よくばり元気玉®︎開発者でもある田邊美和さんと

        天然酵母パンLab代表岡本まどかさんと

  3ヶ月で自慢の天然酵母パンが焼ける様になる

  天然酵母パンLab木下明美さんをゲストにお送りしました。

 

  またほとんど聞けていないので次週に持ち越していきたいと思うのですが

  皆さんも何か当てはまるものがあったら置き換えて色々考えてみてほしいなと思います。

 

 

  ということで今日もくまこと起業家プロデューサー相葉光輝がお伝えしました

  ではまた次週お会いしましょう!

 

  暑いので気をつけていきましょう!

  バイバイ

MENU